美容

2/4ページ

「肌のサビ」を強力にケアする成分ってどれ?

シミ・しわ・たるみ、などの肌老化を気にする女性たちは、様々なケアを続けています。 これらのお悩みへのアプローチの仕方も様々です。 出来てしまったシミ・シワ・たるみに対して「隠す」方法。 少しでも改善しようと化粧水やクリームなどのスキンケアで「補う」方法。 低下する肌体力を正常にしようと内側から「整える」方法。 などです。 肌は毎日サビている いずれのケアをしているにせよ、季節の日焼けや、皮膚の炎症 […]

“セラミド3”が慢性的に不足しているアトピー肌

季節に関係なくカサカサと乾燥、痒みや荒れで繰り返す赤み、スキンケアやメイクにも過敏に反応してケアにも制限がある… そんなアトピー肌の方にとって、年齢とともにお悩みが増えることは、恐怖でしかありません。今は3~4人に一人が何らかのアレルギーを持っていると言われている日本人。 肌悩みのある方の肌老化への対策は、本当に悩ましいものです。 バリア機能が低いアトピー肌 私たちの肌には、「肌バリア機能」が備わ […]

肌の土台となる「真皮」ってどんな役割をしてるの?

美肌のために積極的に取り入れ始める成分といえば、 ヒアルロン酸やコラーゲンやプラセンタ、さらに抗酸化を目指すフラーレンやビタミンCなどが挙げられます。 市場にも、これらの成分を配合した商品があふれ、品質を競っています。 ただ、これらの成分は高価なものである場合が多く、本当に効くのか、自分の肌質に合うのか、そんな不安から購入を躊躇してしまうこともあります。 そこで、そもそもこれらの美肌成分がどのよう […]

年齢肌はターンオーバーのリズムづくりがカギ

若い頃にはなかった「シミ・シワ・たるみ」をはじめとするお肌のお悩みが気になり始める「年齢肌」。 加齢とともに生じる体の全細胞の老化の一つで、特に人の視線を集める顔に表れるこれらの年齢サインは、40代頃から目立ちだしてきます。 「シミ・シワ・たるみ」が気になり始めると スキンケアのグレードを上げて美肌成分がたっぷり入った高級な美容クリームなどを使い始めたり、ファンデーションやコンシーラーで隠そうとし […]

肌のバリア機能が低下する年齢肌。キメの整った潤い肌づくりとは。

20代の頃に比べて、肌がゴワゴワ、ガサガサと感じるようになってくる年齢肌。 その理由のひとつは「角質層」の乱れにあります。 古い角質がゴワゴワ、ガサガサの原因に 私たちの肌はターンオーバーを繰り返しながら、新しい皮膚と古い皮膚を入れ替えて肌を守っていますが、ターンオーバーの周期は年齢とともに長期化していき、古い皮膚がいつまでも肌表面からはがれ落ちないで残ってしまうという状態になります。 そうすると […]

年齢肌のサイン。シミ・シワ・たるみに、セラミド3の保湿力を

陽射し、疲れ、ストレス、不摂生、などによって肌がダメージを受けてしまっても 数日で肌状態を元に戻せていた20代。 それに比べ、40代、50代になってくると、「肌のリセット力」が低下してきていることを感じることも少しずつ増えてきます。 肌が元の健康な状態に戻れないことで、美肌の維持が難しくなり、 「シミ・シワ・たるみ」といういわゆる年齢肌の3大悩みの原因にもなるのです。 シミ・シワ・たるみは根本から […]

夏の肌ダメージは肌奥のアンチエイジングがカギ

9月になり、陽射しもかなり穏やかになってきました。特に今年は気温の急な変化がカラダに影響を及ぼしそうです。 特に肌にとっても過酷だった夏のダメージは秋冬に残したくないものですね。 残したくない夏ダメージのトップは紫外線 夏の肌ダメージとして最も大きな要素といえば、「紫外線」によるダメージではないでしょうか? 浴びてしまった紫外線は、シミ、くすみの原因になり、美肌づくりにとっては大敵ですし、 乾燥の […]

皮脂が不足している“乾燥肌”。角質層の皮脂の代りにピュアオイルを。

カラダは、ダメージを受けると正常な状態に自力で戻ろうとする「自然治癒力」を備えています。 キズが時間とともに治っていくのもその一例です。 この自然治癒力のように、様々な外的ダメージから自分を守ろうとする力は、 実はお肌にも備わっているんです。 肌にもある自然治癒力 その一つが 肌表面につくられる「天然の保湿クリーム」と呼ばれる「皮脂膜」です。 私たちの肌にある皮脂と汗などが混ざり合ってつくられてい […]

強くなってくる紫外線。強い日焼け止めが使えない敏感肌を守るには?

健康な肌の方ももちろん、アトピーなどのトラブル肌の方が敏感になるのが 「紫外線」 「汗」 「皮脂汚れ」 です。 つまり、これからの季節のスキンケアがとっても気を遣う必要があるのです。 SPFに頼るだけで大丈夫?夏の素肌 年々、日焼け止めクリームの品質が上がってきて、SPFの数値もどんどん高くなっています。 一方で温暖化の影響などによって、陽射しは強烈になり、気温もグングン上昇していますよね。 肌が […]

脂っぽい肌だからといって、潤い肌ではない!?実は水分不足かも

あなたの肌は何タイプですか? 「乾燥タイプ」「脂っぽいタイプ」「混合タイプ」? 実は、この肌タイプは、見た目や手触りだけで決められるワケではないんです。 関わってくるのは「モイスチャーバランス」と呼ばれるもの。 「水分」「皮脂」「天然保湿因子」のバランスによって肌の状態を作り出しているんです。 見た目にテカテカしているから、ニキビが良く出来るから、といって 「脂っぽい」とは単純に言いきれない部分が […]

1 2 4