「乾燥」と「紫外線」が肌老化の2大恐怖!

NO IMAGE


目や口の周りにできる小じわや、ほうれい線などの深いシワ、肌を暗く見せるシミやくすみ、フェイスラインがくずれ老けて見えるたるみ、これらは別々のお悩みではありますが、
全てに大きく関与しているのが「乾燥」と「紫外線」です。

シワの大敵「乾燥」「紫外線」

水分保持力を低下させる乾燥は、小じわやシワの原因にもなります。
さらに、肌表面の乾燥はバリア機能を低下させ肌内部の水分を蒸発させることにもなり、
徐々に肌奥の乾燥を進行させてしまいます。
肌の奥となる「真皮」が乾燥してしまうと、肌弾力成分である、ヒアルロン酸やコラーゲンを生み出す繊維芽細胞の働きにも影響が出てきます。
弾力成分が不足してくると、肌全体が萎んだ印象となったり、皮膚の重みを支えきれずにたるみやほうれい線の元となってしまうのです。

そして、紫外線は、
真皮にある「メラノサイト」を刺激する原因となります。
メラノサイトは、本来、肌が紫外線を受けても重大なダメージとならないように、細胞のガン化を防ぐために、紫外線を受けるとメラニン色素を作り出し、紫外線を吸収してそれ以上の侵入やダメージから肌を守っています。
ところが、そのように作られたメラニン色素を含む皮膚がターンオーバーの周期の乱れとともに肌表面にいつまでも残った状態になることで、シミやくすみとして肌に蓄積されていくのです。

そのため、「乾燥」と「紫外線」は肌老化の2大原因と呼ばれているのです。

美肌維持を目指す年齢肌に悩む女性たちは、もちろんこれらの原因に対して対策をしようとしています。
より効果的な年齢肌対策を目指すなら、根本からアプローチしていくケアがおススメです。

肌がサビるとどうなる

特に、季節に関わらず日中浴びてしまう「紫外線」は、「肌のサビ」の元となり、
肌細胞が本来持つ機能を妨げてしまいます。
肌のサビ、つまり「酸化」です。
その酸化を防ごうとするのが「抗酸化」と呼ばれる機能になります。
抗酸化作用を持つ成分としては、ビタミンCなどがあり、酸化成分を吸収しブロックする役割を担っています。
そして、そんな抗酸化成分の中でも、ノーベル賞受賞成分として注目を浴びるようになったのが「フラーレン」です。

ビタミンCなどと比較してもずば抜けた抗酸化力を持つ上、抗酸化作用が長時間持続するという特徴を持っているのが魅力の成分です。

乾燥を防ぐためには、各細胞が本来の機能を果たすことも欠かせないため、
酸化を防ぐことは、保湿にもつながっていきます。
最新の美容成分としてのフラーレンを、たっぷりと配合し、保湿や肌トラブルにも対応したブレンド力に自信があるABIスキンケアシリーズを年齢肌対策として、ぜひ一度お試しください。

スキンケア選びに役立つ「青山美肌用語集」もご用意しています
↓↓

青山美肌】⇒ 医療現場から生まれたスキンケア
アビサラスリムティー】⇒ 食事から摂った糖をカラダに溜めこまないで、排出できるようなカラダづくり

美容カテゴリの最新記事