シミの元「メラノサイト」は、本当は肌を守るための組織だった!

シミの元「メラノサイト」は、本当は肌を守るための組織だった!


1年のうちでも、最も紫外線量が多くなるこの季節。
肌老化の大きな原因となる紫外線対策を徹底的にしようと、日焼け止めクリームや日傘やUVカットグッズを準備するのに大変な思いをする方もいらっしゃるでしょう。

日焼けするとどうして肌が黒くなる?

日焼けして肌が黒くなる原因は、肌組織の中でも表皮の一番奥にある基底層に存在する「メラノサイト」です。
メラノサイトは肌が紫外線を浴びると変化して、「メラニン色素」を作り出し、これが肌を黒くする原因となります。黒いメラニン色素は日光を吸収するため日光に含まれる紫外線によるダメージを肌奥へと届けないようにしてくれています。
つまりメラノサイトがあることで、紫外線による発がん性物質を抑えてくれているのです。
メラノサイトがなければ、私たちは紫外線による深刻なダメージを受けてしまうため、メラノサイトは必要不可欠な存在だと言えます。

問題なのは、メラノサイトがメラニン色素として肌を黒くし日焼けの状態になった時に、それが速やかに回復しないことです。
日焼け状態になった肌は、時間とともに古い角質として剝がれ落ち、本来の肌色を取り戻すものなのですが、この仕組みがうまくいかないといつまでも黒く残ってしまったり、シミやそばかす、ほくろとして残ってしまうのです。

肌に日焼けを残さないためには?

メラノサイトが存在する表皮は、ターンオーバーを繰り返しながら新しい肌を表面に送り出している組織です。
年齢とともにターンオーバーの周期が長くなることによって、表面に古い角質がいつまでも滞ってしまう状態になり、また紫外線によるダメージを受けた肌細胞は、「サビ」と言われる状態にもなりやすく、肌細胞の正常な機能を果たしにくくなります。

このように「ダメージを溜めこむ」「回復力が遅くなる」というダブルのダメージによって、
紫外線によるシミを肌にいつまでも記憶してしまうようになるのです。
しかも年齢とともに、紫外線による肌ダメージは、シワやハリ不足やガサガサ肌の原因にもなってしまいます。

肌回復機能をサポートできるケアをしよう

紫外線から肌を守ることはもちろんですが、肌のターンオーバーを高めるためのケアも力を入れていくことで、この季節の紫外線ダメージを肌に残さず美肌をキープできるようになります。
青山美肌のABIスキンケアシリーズには、肌のターンオーバーをサポートする「プラセンタ」を配合した商品も揃えています。
また、肌のサビをケアする「フラーレン」も特にこの季節のケアにはおススメです。

紫外線は室内にいても、窓の近くや洗濯物を干すために出たベランダなどで浴びているものです。
毎日少しずつ蓄積してしまう紫外線ダメージを、毎日のケアでしっかりとリセットできるスキンケアを続けていきましょう。

スキンケア選びに役立つ「青山美肌用語集」もご用意しています
↓↓

青山美肌】⇒ 医療現場から生まれたスキンケア

美容カテゴリの最新記事